로그인
아이디 비밀번호 찾기
온라인 예약
환자 정보
환자 성명
주민번호 -
주소
연락처 - -
핸드폰 - -
이메일

주소 및 연락처가 변경 되신 분은 회원정보를 수정 하신 후
예약을 진행해 주십시오.

날짜 진료형태 병원 의료진
날짜/시간 병원 진료 과목 의료진 취소
분원 선택
  • 분원 선택
진료과 선택
온라인 예약
의료진 선택 날짜 선택
온라인 예약
의료진
X
1. 선택진료란?
- 환자 또는 보호자가 특정한 의사를 선택하여 진료를 받는 제도로서, 선택(특진, 지정) 진료를 받으시면 보건복지부령에 정하는 범위에 추가 진료비를 본인이 부담하시면 됩니다.(보건복지부령 174호 제5조 3항 관련)
2. 선택(지정,특진) 진료란의 대상 의사는 어떤 자격이 있나요?
- 선택(지정,특진) 진료 대상 의사는 해당 진료과의 전문의 자격을 취득한 후 10년이 경과 하거나, 대학병원의 조교수 이상의 자격을 갖춘 의사입니다.
3. 선택(지정,특진) 진료의 보험 혜택 여부는?
- 보건복지부의 추가 비용 항목과 산정 기준에 따라, 선택(지정,특진) 진료는 보험 혜택 없이 비용을 환자가 전액 본인 부담합니다. (특진 진료시 매번 아래와 같이 특진료가 산정됩니다.)
4. 특진의사란?
- 전문의 자격증 취득 후 10년 이상의 경력을 가진 의사(대학병원의 조교수 이상)
날짜 & 시간
예약 정보
예약 구분 본인 병원
진료과 예약 날짜
의료진 시간
体験淡
Title私は10カ月位前から右肩・右肩甲骨・右腕のあたりが痛くなりました。
AuthoradminCount65Date2015/08/13
私は10カ月位前から右肩・右肩甲骨・右腕のあたりが痛くなりました。まずは近所の整体へ行き、症状を伝えてマッサージなどをしてもらいました。しかし、そこで言われたのが「この痛みは首からきているので病院で診てもらったほうが良い」とのこと。比較的近い市民病院に診てもらうことにしました。市民病院ではMRI・レントゲンを取りました。頚椎椎間板ヘルニアと診断されました。手術はリスクが高いことを説明で受け、しばらく様子を見ることになりました。右手が痛いこともあり仕事で辛い思いをしながら(会社にも迷惑をかけ)数ヶ月すごしました。6ヶ月くらい経過したころ右足の調子がおかしく感じ、市民病院で再度相談したところ、手術をすすめられました。しかし市民病院での手術では不安だったこともあり、大学病院で検査をお願いしました。インターネットで頚椎椎間板ヘルニア手術の体験記を参考にしようとしたところブログでウリドゥル病院の存在を知りました。ウリドゥル病院にも診断申込みをしました。大学病院からもウリドゥル病院からも手術をすすめられました。しかし、大学病院で手術をする場合、予約で5ヶ月以上先になることや手術内容にも少し疑問を感じましたが、少し悩んだ末、ウリドゥル病院で手術を受けることに決めました。
ウリドゥル病院を選んだ理由と迷った理由 ・脊椎専門の病院なので経験豊富・技能面で安心 ・海外だと保険の適応がないため、費用が高額 ・海外ということ (家族は海外ということだけで退院するまで不安だったようです。) ※決めては1番め、経験豊富・技術が高いと早く治ると考えました。早く治るということは体力的に楽ですし、社会復帰も早くなるので費用は高くても取り戻せると考えたことです。
1日目 私は一人でウリドゥル病院に来ました。午前中に羽田空港から金浦空港に到着、時間に到着時間にあわせて迎えに来てくれました。日本語の話せる方が迎えに来てくれ、空港からスムーズに病院までいくことができました。午後からは検査で、MRI・レントゲン・CT・サーモ・首の筋力検査などを受けました。私の場合、肩から肩甲骨あたりにかけての痛み・腕の痛み・薬指小指の痛み・足の痛みがありました。そのうち日頃辛いのは薬指小指の痛みです。検査の結果の説明を受けたところ、薬指小指の痛みは頚椎椎間孔狭窄症とのことでした。日本の病院でも薬指小指の痛みを説明しましたがはこのことは話はありませんでした。頚椎椎間孔狭窄症の手術も合わせて行うか尋ねられましたが、迷わずお願いしました。院長・先生から手術の内容をMRIやレントゲンを見ながら説明を受けました。納得できる内容で安心してお願いすることができました。私の場合は手術するは2箇所となりました。
2日目 入院2日目で手術です。手術にはコーディネーターの方が付き添ってくれている為安心でした。午前中(お昼近く)から手術でしたが、終わったのが夜でした。手術は成功し、2箇所のため6時間かかったと説明を受けました。病院自体完全看護ですが、手術後はヘルパーさん(と呼べば良いかわかりませんが、付き添ってくれる方)がお世話をしてくれました。手術直後は本当に有難かったです。
3日目 手術後の状態ですが私の場合、薬指小指の痛み・足の痛みはほぼなくなっていました。首は寝たり起き上がったりする時に痛みがあります。他には肩の痛み、喉の痛みがありました。肩は頚椎の手術をすると皆痛くなるそうです。喉はつばを飲んだり、たんが出たりするのが苦しかったです。あと、手術翌日は微熱がありました。私は手術を受けるのが初めてで、手術をするとしばらくは手術箇所が痛くなったり苦しい思いをすると思っていましたが、そのようなことはほとんどありませんでした。それどころか、ウリドゥル病院では院内を歩くように言われました。
4日目以降 手術翌日以降は、定期的な注射、血圧・体温測定、院長先生の回診があります。レントゲンMRIなどの検診もあります。コーディネイターさんヘルパーさんが通訳してくれますのでとても気楽です。肩の痛み、喉の痛みは日に日に良くなっていきます。喉の痛みは私が2ヶ所の手術したせいだと思います。普通は1日くらいでよくなるようです。点滴なども日に日に外されていき、通常の生活ができるようになっていきました。点滴などが外れるとリハビリの説明を受けました。7日目にはいよいよ退院しました。
ウリドゥル病院に入院した7日間はとても貴重な体験でした。手術を受けること自体が貴重な体験ですが、その手術を海外で受けるなんて凄いことをしてしてきたと思います。 優しくて明るい凄腕の院長先生、いろいろお世話になった美人コーディネータのキム・ソラさん、ずっと看護してしてもらった渡辺さん。本当にありがとうございました。
Previous私が初めて腰を痛めたのは中学生当時(15年前)の部活動の運動によるもので
Next日本でいくつか有名な病院で診察して来ましたが、

Sorry, the comment form is closed at this time.