로그인
아이디 비밀번호 찾기
온라인 예약
환자 정보
환자 성명
주민번호 -
주소
연락처 - -
핸드폰 - -
이메일

주소 및 연락처가 변경 되신 분은 회원정보를 수정 하신 후
예약을 진행해 주십시오.

날짜 진료형태 병원 의료진
날짜/시간 병원 진료 과목 의료진 취소
분원 선택
  • 분원 선택
진료과 선택
온라인 예약
의료진 선택 날짜 선택
온라인 예약
의료진
X
1. 선택진료란?
- 환자 또는 보호자가 특정한 의사를 선택하여 진료를 받는 제도로서, 선택(특진, 지정) 진료를 받으시면 보건복지부령에 정하는 범위에 추가 진료비를 본인이 부담하시면 됩니다.(보건복지부령 174호 제5조 3항 관련)
2. 선택(지정,특진) 진료란의 대상 의사는 어떤 자격이 있나요?
- 선택(지정,특진) 진료 대상 의사는 해당 진료과의 전문의 자격을 취득한 후 10년이 경과 하거나, 대학병원의 조교수 이상의 자격을 갖춘 의사입니다.
3. 선택(지정,특진) 진료의 보험 혜택 여부는?
- 보건복지부의 추가 비용 항목과 산정 기준에 따라, 선택(지정,특진) 진료는 보험 혜택 없이 비용을 환자가 전액 본인 부담합니다. (특진 진료시 매번 아래와 같이 특진료가 산정됩니다.)
4. 특진의사란?
- 전문의 자격증 취득 후 10년 이상의 경력을 가진 의사(대학병원의 조교수 이상)
날짜 & 시간
예약 정보
예약 구분 본인 병원
진료과 예약 날짜
의료진 시간
入院日程と費用

ウリドゥル病院では、日本の患者様のために、椎間板ヘルニアの2泊3日の施術パッケージを用意しております。これは韓国内における患者様のスケジュールをすべてサポートするものであり、安心して治療に専念することができます。また手術の患者様も、施術の患者様と同様の応対をさせていただきますが、疾患、手術方法、入院期間等が異なるため、個別対応とさせていただきます。

1. 施術(切開しない脊椎椎間板ヘルニア微細治療:MIST)を受けられる患者様
画像診断結果、手術方法を連絡する際に、併せてお知らせいたします。

【対象となる施術】

hospital_date
腰椎
  • 内視鏡レーザー腰椎椎間板ヘルニア切除術(PELD)
  • 内視鏡レーザー腰椎椎間板ヘルニア成形術(PELA)
【治療段階】 Step 2
頸椎
  • 内視鏡レーザー頚椎椎間板ヘルニア切除術(PECD)
  • 内視鏡レーザー頚椎椎間板ヘルニア成形術(PECA)
胸椎
  • 内視鏡レーザー胸椎椎間板成形術(PETD)

【スケジュール】

hospital_date
1日目
  • 日本の空港(羽田/成田空港他)→金浦/仁川空港 (到着時間に合わせ、出口で患者様の名前を書いた紙を持ってお待ちしています。)
  • 空港→病院(ソウル金浦空港ウリドゥル病院またはソウル清潭ウリドゥル病院) (患者様用の客車で病院に移動します。なお、状況によって他の患者様との相乗りとさせていただく場合もあります。)
  • 病院到着後:総合検査 ①X線  ②MRI  ③CT  ④超音波  ⑤赤外線サーモグラフィ ⑥骨密度  ⑦筋電図  ⑧血液検査  ⑨尿検査 (一部は、翌日行う場合もあります) ※患者さんによって追加の検査が必要な場合もあります。
  • 担当医から診断結果と施術についての説明
  • 病院泊(1人部屋)
2日目
  • 午前に一部検査を行う場合あり
  • 午前または午後:施術(局所麻酔) (経験豊富で特に技術の優れた最上級クラス*の医師が施術を行います)
  • 施術後:MRI
  • 病院泊(1人部屋)
3日目
  • 午前:回診
  • 退院
  • 病院→空港 (患者様用の客車で空港にお送りします。なお、状況によって他の患者様との相乗りとさせていただく場合もあります。)
  • 金浦/仁川空港→日本の空港(羽田/成田空港他)

* 最小侵襲施術・手術は難易度が高いため、2年以上の特別な研修と、第一助手として50回以上の手術経験があり、最小侵襲手術専門病院に5年以上勤務している上級クラスの医師のみが実施しています。その中でも、特に手術経験が豊富で、技術の高い医師が最上級クラス(特診ドクター)になります。

【施術費用】

画像診断結果、手術方法を連絡する際に、併せてお知らせいたします。
【備考】
  • 宿泊の追加 ヘルニアを切除しても、圧迫されていた神経が元に戻るのには時間がかかるため、症状の回復が若干遅れる場合があります。そのため、患者様が追加の宿泊を希望される場合には、宿泊の延長が可能です。その際には追加料金が必要となります。
  • 施術から手術への途中変更 ヘルニアの状態によって、施術と手術のどちらを選択するか判断が難しい場合があります。その際、侵襲の少ない施術を行うことにした患者様で、担当医が施術を行っている途中でヘルニアを完全に除去しきれないと判断した場合には、途中から手術(最小侵襲手術)に切り替えることがあります。該当する患者様には、事前にその可能性があることを説明するとともに、施術の途中で、直接患者様に確認をとらせていただきます。 結果的に、2日ほど入院期間が延びますが、椎間板ヘルニアを確実に治すためには、これが最善の方法となります。なお、その際には追加料金が必要となります。
[患者様が延泊となった場合には、付き添いの方が宿泊するホテルを手配します。]
2.手術(最小侵襲脊椎手術:MISS)を受けられる患者様
手術方法によって、費用、入院期間等が異なるため、個別に対応いたします。

【対象となる主な疾患】

椎間板ヘルニア(腰椎、頸椎、胸椎)、脊柱管狭窄症など脊椎疾患全般

【対象となる主な手術】

hospital_date
観血的レーザー椎間板切除術(OLD、OLM) ニュークレオトム(吸引器)を利用した観血的脊椎椎間板ヘルニア手術(AOLD) 人工靱帯及び固定装置を利用した腰椎軟性固定術(ILF) 【治療段階】 Step 3
部分人工椎間板髄核術(PDN) Step 4
全体人工椎間板置換術(TDR) Step 5
微細顕微鏡レーザー頚椎椎間板ヘルニア手術(ACF) 無輸血最小侵襲脊椎骨融合術(Mini ALIF with PFF、PPF) 胸腔鏡下胸椎ヘルニア手術及び骨融合術(TOSS) 腹腔鏡下腰椎椎間板ヘルニア手術及び骨融合術(LASS) 後側腹膜腔鏡脊椎椎間板ヘルニア手術(RESS)及び骨融合術 Step 6

【スケジュール】

hospital_date
1日目
  • 施術の場合と同じ
2日目
  • 午前に一部検査を行う場合あり
  • 午前または午後:手術(全身麻酔) (経験豊富で特に技術の優れた最上級クラス*の医師が手術を行います)
  • 病院泊(1人部屋)
~
  • X線撮影(手術の翌日のみ)
  • 午前:回診
  • 病院泊(1人部屋) [入院期間は手術方法、回復の程度によって異なります。多くの患者様は術後3日以内、ほとんどの患者様は術後10日以内には退院できます。]
退院日
  • 施術の場合と同じ

* 最小侵襲施術・手術は難易度が高いため、2年以上の特別な研修と、第一助手として50回以上の手術経験があり、最小侵襲手術専門病院に5年以上勤務している上級クラスの医師のみが実施しています。その中でも、特に手術経験が豊富で、技術の高い医師が最上級クラス(特診ドクター)になります。

【手術費用】

手術方法、手術部位(腰椎、頸椎など)、手術箇所(1~3カ所)により異なります画像診断結果、手術方法を連絡する際に、併せてお知らせいたします。