로그인
아이디 비밀번호 찾기
온라인 예약
환자 정보
환자 성명
주민번호 -
주소
연락처 - -
핸드폰 - -
이메일

주소 및 연락처가 변경 되신 분은 회원정보를 수정 하신 후
예약을 진행해 주십시오.

날짜 진료형태 병원 의료진
날짜/시간 병원 진료 과목 의료진 취소
분원 선택
  • 분원 선택
진료과 선택
온라인 예약
의료진 선택 날짜 선택
온라인 예약
의료진
X
1. 선택진료란?
- 환자 또는 보호자가 특정한 의사를 선택하여 진료를 받는 제도로서, 선택(특진, 지정) 진료를 받으시면 보건복지부령에 정하는 범위에 추가 진료비를 본인이 부담하시면 됩니다.(보건복지부령 174호 제5조 3항 관련)
2. 선택(지정,특진) 진료란의 대상 의사는 어떤 자격이 있나요?
- 선택(지정,특진) 진료 대상 의사는 해당 진료과의 전문의 자격을 취득한 후 10년이 경과 하거나, 대학병원의 조교수 이상의 자격을 갖춘 의사입니다.
3. 선택(지정,특진) 진료의 보험 혜택 여부는?
- 보건복지부의 추가 비용 항목과 산정 기준에 따라, 선택(지정,특진) 진료는 보험 혜택 없이 비용을 환자가 전액 본인 부담합니다. (특진 진료시 매번 아래와 같이 특진료가 산정됩니다.)
4. 특진의사란?
- 전문의 자격증 취득 후 10년 이상의 경력을 가진 의사(대학병원의 조교수 이상)
날짜 & 시간
예약 정보
예약 구분 본인 병원
진료과 예약 날짜
의료진 시간
治療法

26

Aug
骨粗鬆症

定義 骨粗鬆症はカルシウムの恒常性変化によって誘発される骨代謝疾患です。カルシウムの吸収と排出の間のバランスが崩れカルシウムが不足すると、不足した分は骨の中に貯蔵されているカルシウムが使われてしまいます。骨の中のカルシウムが抜けて骨密度が低くなり、すが入った大根のように骨組織にすかすかの穴があくのが骨粗鬆症です。 原因 骨粗鬆症は、食生活によって必要なカルシウム量を得ることができず、さらに身体活動の制限や運動不足により新しい骨を形成できるだけの力学的負荷が得られない場合に発症します。動は、新しい骨を形成する際の形成細胞に影響を与え、骨密度維持と増進に効果的です。年を取れば骨形成細胞の機能が低下するため、誰でも徐々に骨損失が起こります。しかし骨粗鬆症が健康上の問題を引き起こすのは男性よりも女性に多く、女性は男性よりも骨密度が10~25%低いため、大腿骨折の危険性が3倍、脊椎骨折の危険性が8倍高くなっています。

MORE

26

Aug
頚椎椎間板ヘルニア

定義 頚椎は1番から7番までの7個の骨から構成され、頚椎の間には椎間板という柔らかい軟骨組織があります。この椎間板が飛び出して首、肩、腕につながっている神経を圧迫することで痛みが発生します。椎間板内に頚椎の間から骨角が出て神経を圧迫したりします。 症状 頚椎ヘルニアがある場合には、頚部の痛みよりも肩甲骨周辺や腕のしびれや痛みが主な症状となります。ひどい場合には、首を少し動かすだけで痛みやしびれが腕にきます。 治療 頚椎ヘルニアには様々な治療法があります。症状が軽度の場合には、物理的治療で好する場合が多く、牽引、マッサージ、痛症注射、投薬及び頚部コルセット着用などが行われます。症状が重く、中枢神経である脊髓を圧迫したり 物理的治療で好転しない場合には手術を選択します。

MORE

26

Aug
脊椎結核

定義 結核性脊椎炎は、全体の肺結核患者の1%程度と少ないものの、骨破壊による脊椎疼痛や脊椎変形を起こし、ひどい場合は神経膜周辺の膿や脊椎変形で生じた骨が脊髓を圧迫して下肢の麻痺をもたらすため、迅速かつ精緻な診断と適正な治療が要求されます。 症状 脊椎結核を発症すると、腰の硬直や背中がひどく曲がったり、神経が麻痺する症状が見られます。 治療 保存療法と手術療法があります

MORE

26

Aug
脊髓腫瘍

定義 脊柱管(脊椎内の神経管)内で発生し、脊椎神経を侵犯したり脊髓神経を圧迫する脊髓腫瘍と、肺癌、乳房癌、前立腺癌、腎臓癌などの原発癌が転移した転移性腫瘍に分類されます。 症状 脊髓腫瘍の症状は、神経筋または脊髓の刺激、圧迫による症状から始まり、後には脊髓破壊の症状による運動及び感覚機能の麻痺を来すようになります。頚椎腫瘍の場合は、頚部の痛みと身体運動時にひどい頭痛が誘発され、ときに頚椎椎間板ヘルニアと同様の腕と肩の痛みを伴うこともあります。胸椎(背骨)の中間及び下に腫瘍が発生すると、腹部病変と誤診されることがあり、脊髓円錐(脊髓の末端部)や馬尾部位(脊髓が終わって神経が束になっている部位)に発生すると、膀胱や腸管運動障害及び尻周辺の感覚麻痺症状がみられます。 治療 手術で腫瘍を取り除くことが最善の方法です。

MORE

26

Aug
脊椎後湾症

定義 腰が曲がり、お尻と腰が後ろにでる病気です。 症状 老化によって悪化することがあります。 長時間立ったり歩いたりすると足がしびれます。 治療 軽症の場合には、脊椎が正しくなるよう矯正治療を行い、並行して運動を行います。重症以上では矯正が必要で、ひどい場合にはコルセットを着用します。変形がひどかったり圧迫症状が見られる場合には、手術療法を行い、金属スクリューで後湾曲を矯正した後に後方融合術を行います。

MORE

26

Aug
脊椎側湾症

定義 脊椎が正常ではなく横に曲がったもので、青少年期に多く発症します。80%は原因不明で特発性患者と考えられています。 症状 背中が横に曲がって肩や骨盤の高さが異なったり、一方の肩甲骨や尻が突き出たように見えます。この時、背中を前方に90度曲げると右側の背中が左側よりさらに上に飛び出したように見えるため、より正確に診断できます。 原因 様々な原因で発症しますが、その中でも特に多いのが小学校高学年から中学生に見られる原因不明の特発性側湾症です。誤った姿勢を続けたり、成長期の時に片側だけでカバンをかつぐことが原因となることもあります。 治療 早期に発見できれば、ほとんどの患者は物理治療やコルセット着用などの保存的方法で治療することができます。奇形の角度が20度未満の場合には3~6ヵ月ごとに放射線検査を行い、その奇形が柔軟であればコルセットが有用です。コルセットには多くの種類があり、奇形の位置によって適切なものを選択します。コルセットは、毎日運動と風呂に入る時間を除き、1日に23時間着用しなければならず、それを成長が終わるまで継続します。しかし奇形の角度が大きい場合や成長がほとんど終わっている場合には、手術療法を考慮します。 手術療法では多様な金属スクリューを使用して奇形を矯正し、身体の均衡を取ってから脊椎癒合術を行い矯正を維持するようにします。

MORE

26

Aug
脊椎すべり症

定義 脊椎が完全に分離し、脊柱骨が前方に押し出された状態をいいます。 症状 脊椎すべり症は、腰の手術患者の15%を占め、椎間板ヘルニアの次に多い疾患です。座っている時には症状はありませんが、歩くと神経が圧迫されて座骨神経痛が現われます。ひどい場合には足の麻痺が見られます。 500mも歩きにくいようであれば手術が必要となります。 原因 脊椎分離症に続いて発症したり、加齢によって生じる退行性変化によって発症します。 治療 初期治療として薬物、物理治療と硬膜外遮断術(痛症注射治療)が行われますが、症状の好転がなければ手術が必須となります。手術は、脊柱骨をスクリューで固定する脊椎固定術(骨融合術)を行います。

MORE

26

Aug
脊椎分離症

定義 脊椎椎弓の関節突起間部が分離する病気で、一度の衝撃で発症するのではなく、長年にわたって蓄積されたダメージによって発症します。 症状 思春期までは症状のない場合が多く、成長が促進される時期に痛みが始まるのが一般的です。多くは腰から尻に至る痛みがあり、ごく一部に足の痛みと麻痺があります。腰痛及び下肢放射痛を起こした場合も、障害をもたらす程ひどくなることはほとんどありません。 原因 先天的な骨化異常によるという説と後天的な姿勢不良によるという説がありますが、現在最も可能性が高いとされているのが疲労性骨障害です。 疲労性骨障害は、骨の1カ所に小さな圧力が持続的にかかることで、壊れたり分離したりするものです。 10歳以下では少なく、10歳以上から急激に増加します。運動量が多い年齢層と男性での発生頻度が高くなります。 治療 骨に無理な力がかかって発生するため、何よりも安静が大事です。初期治療の時には、硬膜外遮断術(痛症注射治療)と運動療法で効果を見ますが、根本的な治療ではありません。脊椎が完全に分離して脊椎骨が前方に滑る”脊椎すべり症”にまで進行すれば、脊椎骨をスクリューでつける脊椎固定術(融合術)を行います。

MORE

26

Aug
脊椎分離症

定義 脊椎椎弓の関節突起間部が分離する病気で、一度の衝撃で発症するのではなく、長年にわたって蓄積されたダメージによって発症します。 症状 思春期までは症状のない場合が多く、成長が促進される時期に痛みが始まるのが一般的です。多くは腰から尻に至る痛みがあり、ごく一部に足の痛みと麻痺があります。腰痛及び下肢放射痛を起こした場合も、障害をもたらす程ひどくなることはほとんどありません。 原因 先天的な骨化異常によるという説と後天的な姿勢不良によるという説がありますが、現在最も可能性が高いとされているのが疲労性骨障害です。 疲労性骨障害は、骨の1カ所に小さな圧力が持続的にかかることで、壊れたり分離したりするものです。 10歳以下では少なく、10歳以上から急激に増加します。運動量が多い年齢層と男性での発生頻度が高くなります。 治療 骨に無理な力がかかって発生するため、何よりも安静が大事です。初期治療の時には、硬膜外遮断術(痛症注射治療)と運動療法で効果を見ますが、根本的な治療ではありません。脊椎が完全に分離して脊椎骨が前方に滑る”脊椎すべり症”にまで進行すれば、脊椎骨をスクリューでつける脊椎固定術(融合術)を行います。

MORE

26

Aug
退行性椎間板

定義 椎間板と骨が老化することで生じる病気です。椎間板はつぶれて硬くなり弾力を失います。同時に骨も弱くなり、棘のように骨が大きくなる骨棘ができ、それが周りの神経に当たって痛みを起こします。 原因 誤った姿勢と習慣により脊椎刺激及び脊椎変形を来たし、これにより退行性椎間板が起こります。また運動不足による骨の弱化及び筋力低化も椎間板退行をもたらします。栄養不均衡、酒、タバコ、ストレス、腰を無理に使う作業などは早期に退行性椎間板を起こす原因になります。 治療 栄養を十分に取り、日常生活では特にタバコと飲酒を控える必要があります。症状がある時には保存的治療として物理治療、注射、薬物療法などを行います。

MORE