로그인
아이디 비밀번호 찾기
온라인 예약
환자 정보
환자 성명
주민번호 -
주소
연락처 - -
핸드폰 - -
이메일

주소 및 연락처가 변경 되신 분은 회원정보를 수정 하신 후
예약을 진행해 주십시오.

날짜 진료형태 병원 의료진
날짜/시간 병원 진료 과목 의료진 취소
분원 선택
  • 분원 선택
진료과 선택
온라인 예약
의료진 선택 날짜 선택
온라인 예약
의료진
X
1. 선택진료란?
- 환자 또는 보호자가 특정한 의사를 선택하여 진료를 받는 제도로서, 선택(특진, 지정) 진료를 받으시면 보건복지부령에 정하는 범위에 추가 진료비를 본인이 부담하시면 됩니다.(보건복지부령 174호 제5조 3항 관련)
2. 선택(지정,특진) 진료란의 대상 의사는 어떤 자격이 있나요?
- 선택(지정,특진) 진료 대상 의사는 해당 진료과의 전문의 자격을 취득한 후 10년이 경과 하거나, 대학병원의 조교수 이상의 자격을 갖춘 의사입니다.
3. 선택(지정,특진) 진료의 보험 혜택 여부는?
- 보건복지부의 추가 비용 항목과 산정 기준에 따라, 선택(지정,특진) 진료는 보험 혜택 없이 비용을 환자가 전액 본인 부담합니다. (특진 진료시 매번 아래와 같이 특진료가 산정됩니다.)
4. 특진의사란?
- 전문의 자격증 취득 후 10년 이상의 경력을 가진 의사(대학병원의 조교수 이상)
날짜 & 시간
예약 정보
예약 구분 본인 병원
진료과 예약 날짜
의료진 시간
施術手術方法
無輸血最小侵襲脊椎骨融合術(Mini ALIF with PFF、PPF)

概要

  腰の骨、腰の筋肉、そしていかなる脊椎の正常組織もいじらずに、そのまま保存する最小侵襲無輸血脊椎骨融合術は、異常が生じた脊椎によって座っている時には症状がないが、立ったり歩く時に不便を感じる腰痛と神経病変にとても効果的な治療法である。脊椎骨を切らず脊椎神経に手をつけない画期的な新技術である。

手術方法

麻酔方法 全身麻酔
手術方法 腰の正常組織である脊椎神経、靱帯、筋肉、骨に全く損傷を与えない前方骨融合術を行ってから、次に腰を切開せず箸のようなもので突付くように、腰後側の皮膚を通じてスクリューを固定する新しい手術法である。
過去の伝統標準脊椎骨融合術の手術方法は、腰の筋肉を大きく広げてから、脊椎の後弓を完全に 又は相当の部分を除去してから神経を牽引してこそ、骨を正しい位置に合わせることができた。そのために出血過多、神経根損傷、神経癒着などの手術後合併症が生じることがあり、手術後の疼痛がひどく手術回復が遅いため、お年寄りや糖尿病患者などには施術を行うことができないという短所があった。本当に大手術だった。輸血も必要で手術後の疼痛もとても強かった。長期間入院をしなければならず、職場復帰の時期もかなり遅かった。

長所

  • 最小限の手術創で済むため殆ど出血がなく、輸血の必要がない。
  • 脊椎神経をいじらないため神経癒着の発生を減らし、手術後疼痛が少なく、これによる合併症を減らすことができる。
  • 腰の筋肉を開かなくても、まるで箸でサツマイモを突くように、皮膚を通じてスクリューを安全に差し込むことができる。
  • 入院期間が短く治療費が節減でき、社会生活への復帰が早く、経済的な手術法である。

適応対象

  脊椎前方転位症(脊椎前方すべり症)という、脊椎が前方にすべり脊椎管内の神経を圧迫し疼痛を誘発する疾患である。腰椎椎間板ヘルニア(脊椎ヘルニア)の次に多く、全体腰手術患者の約15%を占める。

  脊椎前方転位症の特徴的な症状は、座っている時は何の異常もないのだが、立ったり歩くと骨がすべって神経を圧迫し、腰痛と坐骨神経痛の症状が出る。しかし、しゃがみこむとその症状が消えてしまうこともある。ひどい場合は足がしびれて麻痺がおこり、歩行が難しくなるほどの症状が出たりもする。患者の大部分が手術をせず運動治療・疼痛治療などの非手術的治療が可能である。しかし残りの患者は手術での治療をしてこそ正常な生活に戻ることができる。脊椎前方転位症以外に脊椎管狭窄症、脊椎不安定症、脊椎側湾症、脊椎後湾症、椎間板変性症、退行性椎間板変性症、椎間板内部障害症などが適応症である。

手術後の注意事項

-
  • 腹部の疼痛と大息、咳、早期の歩行などによって不便さを感じるときがある。
  • 手術後4時間程度安静を取ってからは大体は直ちに立つことができる。
  • 8時間ほどベッド上安静をとったあとは補助器を着用し、トイレ歩行は可能。
  • 補助器は手術後弱くなった脊椎を支持してくれる。硬い補助器に不便さを感じるとき、ドイツの医者であるハムス博士が製作した補助器(Spinal Support Corset)を着用して歩く。
  • 手術した翌日歩行可能。以後徐々に活動量を増やしていく。
1
  • 退院後手術創の管理は抜糸まで近くの病院で2~3日に1回消毒するか、自宅で毎日消毒しなければならず、抜糸後は消毒しなくてもよい(消毒物品は薬局で購入)。
  • 構造物挿入によって、凝ったような感じがすることがある。
  • 退院時に支給される薬は一定の時間に必ず服用すること。
  • 腰を曲げたり回転させる姿勢はあまり強くせず、無理をしないこと。
  • 食事は座ってしてもよい。しかし、1時間以上は座らない。
  • 車に乗って移動することが可能だが、自分で運転することは避ける。
  • 重い荷物を持つことは避ける。
2
  • 抜糸をする。軽いストレッチングができる。
  • 活動量をだんだんと増加させてもよいが、腰と足に疲労を感じたり疼痛がある時は横になって安静をとること。
  • 座る時間は徐々に増やしていく。
3-6
  • シャワーは抜糸後2日以降から可能で、入浴は1週間後から可能である。
  • 短い時間なら座っていたり、軽く腰をかがめる程なら可能である。
  • 軽い家事、事務、勉強は開始してもよい。しかし無理はしないこと。
  • 本格的なストレッチング運動を行う。腹部トレーニング運動及び腰の伸展運動がいい(膝を胸まで引き上げる運動、膝を伸ばしたまま足を上げる運動)。
  • 朝夕に15~30分ほど歩くことは腰を丈夫にするのに役立つ
  • 補助器着用は6週までとし、それ以降の着用の有無は担当医師と相談して決定する。
  • 本格的な日常生活を開始する。
2
  • すこし負荷をかける運動ができる。
  • 水泳や軽い登山は可能である。
  • 繰り返して負荷のかかりすぎる運動は避けること。
3
  • ゴルフなどの苦しい運動と仕事は手術後3ヶ月目に骨融合術がきちんとできたのかを確認してから可能。しかし、できれば脊椎強化及び柔軟運動センターで1週に1~2回、3ヶ月ほど脊椎訓練を受けてから仕事とスポーツをすることが安全である。
  • 新しい腰の病を予防するために持続的な運動と無理な仕事はできればしない方がよい。

友達と遊びに来るような感じで検診に
 患者名 : ファン・バンジャ(73歳)
 疾患名 : 腰椎部退行性後湾症
 施術名 : 無輸血微細侵襲脊椎骨融合術
 主治医 : チェ・ウォンギュー(ウリドゥル病院釜山病院長)
 入院期間 : 2005年 6月23日 ~ 2005年7月23日
(手術日6月24日)

  こんにちは!おばあちゃん、今はとても元気そうですね!
今だから大丈夫なんだよ。今はもう、平地なら若いものよりも早く歩けるんだよ。

腰はいつから痛かったんですか?
腰が痛いのはかなり昔からだね。25年、いや25年以上経ってると思う。その時は足が突っ張るし痛くて、歩くこともできなかったよ。いつかは雨の降る日に傘をさして歩いていたんだけど、雨が降っていても濡れても関係なく、道端に座り込んだことがあったくらいなんだから。通り過ぎる人たちは、頭が変になったと思っただろうさ。我慢して、我慢しきれなくなって2001年に大邱で手術した。でもね手術してもぜんぜん変わらなかった。だから去年、えっと2005年 6月にウリドゥル病院に行ったんじゃないか。予約患者がいっぱいで手術決定してから1週間待って手術することになったんだけど、ちょうどその時、日付を変えた患者がいて、すぐ手術できたんだよ。

手術は、怖くなかったですか?
もう何も考えないで心をきめて、任せるしかないからね。怖くはなかったよ。暑がりのせいか全然ふるえたりもしないし、どうせ手術することを決めたんだから、先生を信じて気を楽にしたほうがいいだろ?麻酔して手術室に入って、少しして眠ってしまった。あちこち治さなくちゃいけないから、時間は結構かかったと思うよ。入院室に戻ってきたのが夜だったから。

回復するまでにどれくらいかかりましたか?
手術してからは少し不便なこともあったけど、それでも腰の痛いのが消えたから本当に嬉しいよ。退院してからも1ヶ月に1回行ったり、2ヶ月に1回行ったり、よく院長先生に会いに行ったよ。今年1月だったか院長先生が、もう腰補助器を外してゆっくりなら歩いていいって言ってくれた。はじめはなんか不安な感じだったけど、少しずつ大丈夫になっていったね。今は平地なら普通の人より早く歩けるんだよ。上り坂やくだり坂は少し難しいね。でも腰を伸ばしてこんなに良くなったんだからありがたいことさ。息子たちもあんなに大手術して、こんなによくなったんだから良かったと言ってる。

お友達も一緒にいらっしゃったんですね?
おなじ町内に住んでいるのね。この人も腰がよくないから、一緒につれてきたんだよ。私の紹介でウリドゥル病院に通ってる人が2人いるのよ。今日はただ診察結果を聞きにきたんだけど、大きな問題もないし、調子もいいから嬉しいね。チェ・ウォンギュー院長先生が大邱にもウリドゥル病院ができたからって、もし大邱に行くことがあったら水一杯くらいくださいね、って言ってくださったんだよ。それで私がこう言ったんだ。「水よりもっといいものを差し上げますよ!」。こんな感じで検査にいくたびに喜んで迎えてくださる。どれだけ有難いのかわからないよ。入院している時も、夜中の11時すぎに退勤するときでも、必ず寄って様子を聞いてくださるんだよ。今度、主人と引っ越しすることになったんだけど、そこは山のすぐ下だからとても空気がいい。近くに来たらいつでも寄っていいからね。

ファン・バンジャ氏とのインタビュー

  チェ・ウォンギュー病院長   ファン・バンジャ氏は来院された時は腰が前に25度ほど曲がっており、ひどい腰痛を訴えていました。歩いても腰が曲がっているので10分以上歩き続けることができないし、坂道はもっと大変です。2001年にある大学病院で手術を受けられましたが症状好転が見られず、再度ウリドゥル病院に来院され、本院で検査をして上記病名が確定し、2005年6月24日に手術をしました。お歳ですので腰椎2~3、腰椎3~4、腰椎4~5、腰椎 5番、仙椎1番など手術部位が4ヶ所で、手術後1ヶ月の入院期間を経て、補助器もすこし長く着用するなど、長期にわたって注意して観察しました。しかし今は補助器なしで元気に歩いておられますし、曲がった腰もかなり伸びました。ファン・バンジャ氏、私こそ信じていただき、いつも明るい笑顔で来院してくださりありがとうございます。これからもずっと健康でいてくださいね。

Post a comment

* 이름
* 이메일
* 코멘트