로그인
아이디 비밀번호 찾기
온라인 예약
환자 정보
환자 성명
주민번호 -
주소
연락처 - -
핸드폰 - -
이메일

주소 및 연락처가 변경 되신 분은 회원정보를 수정 하신 후
예약을 진행해 주십시오.

날짜 진료형태 병원 의료진
날짜/시간 병원 진료 과목 의료진 취소
분원 선택
  • 분원 선택
진료과 선택
온라인 예약
의료진 선택 날짜 선택
온라인 예약
의료진
X
1. 선택진료란?
- 환자 또는 보호자가 특정한 의사를 선택하여 진료를 받는 제도로서, 선택(특진, 지정) 진료를 받으시면 보건복지부령에 정하는 범위에 추가 진료비를 본인이 부담하시면 됩니다.(보건복지부령 174호 제5조 3항 관련)
2. 선택(지정,특진) 진료란의 대상 의사는 어떤 자격이 있나요?
- 선택(지정,특진) 진료 대상 의사는 해당 진료과의 전문의 자격을 취득한 후 10년이 경과 하거나, 대학병원의 조교수 이상의 자격을 갖춘 의사입니다.
3. 선택(지정,특진) 진료의 보험 혜택 여부는?
- 보건복지부의 추가 비용 항목과 산정 기준에 따라, 선택(지정,특진) 진료는 보험 혜택 없이 비용을 환자가 전액 본인 부담합니다. (특진 진료시 매번 아래와 같이 특진료가 산정됩니다.)
4. 특진의사란?
- 전문의 자격증 취득 후 10년 이상의 경력을 가진 의사(대학병원의 조교수 이상)
날짜 & 시간
예약 정보
예약 구분 본인 병원
진료과 예약 날짜
의료진 시간
施術手術方法
微細顕微鏡レーザー頚椎椎間板ヘルニア手術(ACF)

概要

  微細顕微鏡レーザー頚椎椎間板ヘルニア手術は、頚椎椎間板ヘルニアを伴う頚椎狭窄症と頚椎 後縦靱帯骨化症及び頚椎脊柱症性脊髄病症がある患者に行う手術法である。この手術法は脊髄神経を圧迫する大きな関節炎性骨棘を除去するために行われる。しかしこのような突出した骨棘を除去するためには一般的に脊椎と椎間板を除去しなければならない。この時は必ず脊椎の安定性を維持できるように、骨融合及び骨移植を行う。

手術方法

麻酔方法 全身麻酔
手術方法 まずレーザーで神経を圧迫する悪い組織が精密に除去してから、脊椎体の間にゆっくりと骨移植組織を入れる。チタン材質の小さな金属板を設置し、即、最適な骨治療と融合ができ安定するように、小さいスクリューで脊椎体を固定する。
手術時間 手術部位によって2~5時間
入院期間 約7日から最大10日間くらい

長所

  • 病変のある部位を直接除去することが可能である。
  • 正常な組織をそのまま保存できる。
  • 手術後の疼痛がほとんどない。
  • 手術による神経浮腫、下半身麻痺、上肢麻痺などの不可抗力的合併症を予防する。

適応対象

  • 頚椎後縦靱帯骨化症
  • 頚椎外傷患者
  • 病理学的骨折を伴う新生腫瘍や不安定な神経学的損傷のある患者
  • 非正常な健康状態(感染、リウマチ性関節炎、脊髄性脊髄症)の患者
  • 頚椎脊椎性脊髄病症

手術後の注意事項

1
  • 寝たまま3時間ほど安静をとり、座ったり立つことができる。翌日から立って歩行することが可能である
4-5
  • 大部分、手術後4~5日経つと退院が可能である。患者が退院する前に物理治療士や作業治療士が患者を観察し、ベッドに横になったりベッドから起き上がるとき、そして一人で歩くことができるように補助をする。
  • 患者は手術後(4~6週)で首を反らせたり回すなどの運動は避けること。手術後は首が凝ることがあり、呼吸管を通じて呼吸をすることもある。その場合は水を飲むとよくなる。退院後は食事の量は少なくすること。手術後、数週間は臀部や足に疼痛を伴うこともある。
  • 約6週間は首の補助器を着用すること。医師が指示するまでは補助器を外さない。補助器着用法は別途教育を受ける。
  • 患者は手術6~8週後に首を反らせたり回す運動をしてもよく、疼痛もだんだんと減るため、首と腰の筋肉も昔のように強くなる。また手術後4~6週は重い荷物を持たないように注意する。

補助器の着用
一般的に患者は状態に応じて首の補助器を約3週~3ヶ月は着用すること。首の補助器は首の部位のストレスを減らし、疼痛を緩和させる。また補助器を着用することで首をまっすぐな姿勢で維持でき、首の骨の治療にもなる。特に手術後、短期間で首の骨を治療する時に役立つ。補助器を外した時に首を左右に振らないこと。
手術創の治療
手術創部位は開放しても問題ない。手術創に特別に包帯を巻く必要もない。縫合部位に貼る絆創膏ははがさない。手術創部位を常に清潔に維持する。
シャワー・入浴
患者は手術直後にシャワーをしても良いが、手術創部位に貼った絆創膏ははがさず、水が入らないように注意する。シャワー後、患者は絆創膏をはがして水気をふきとる。また手術後 2週間は完全に手術創部位が治るまで入浴は控える。
運転
運転は疼痛がかなり減少し、首の動きが柔らかくなる3~8週後から可能で、運転する時は自由自在に体を動かせる状態になってから可能である。また、鎮痛剤(narcotics)などの投与を受けている期間は運転をしてはいけない。手術後はじめて運転する時は短距離とし、保護者が同席すること。疼痛がある時は、保護者が代わりに運転するようにする。短距離の運転後、患者が不便さを感じないなら、一人でもう少し長い距離を運転しても良い。
運動及び日常生活への復帰
ウォーキングは回復に役立つが、休息もとるべきである。無理をして歩くのは良くない。1~2週は階段の上がり降りは避ける。手術後3~4週間は疼痛の軽減に伴い、必ずリハビリ運動をすること。負荷のかかる仕事や重い荷物を持ち上げることはできるだけ避けること。物理治療を通じて首と腰の筋力が丈夫になる6~8ヶ月以降は、あまり負荷がかからない程度の運動は可能。
こういう時は、医師に相談を
次の事項があてはまる時は、即、医師や看護士に相談をすること。
手術創部位の発赤が増したり、大きくなった時 /手術部位の疼痛がひどくなった時 /手術部位が腫れ上がってきた時 /手術部位が化膿してきた時 /手術部位が黒く変化してきた時 / 24時間以上、高熱(38.3°C)が続く時 / 体が冷たく感じる時
手術2日目で退院、18日目に出勤しました
 患者名 : ロバート・ウェルズ
(Robert Wells、イギリス人、53歳)
 疾患名 : 頚椎後縦靱帯骨化症
 施術名 : 微細顕微鏡レーザー頚椎椎間板ヘルニア手術
 主治医 : キム・ソクガン
(ウリドゥル病院金浦空港病院神経外科部長)
 入院期間 : 2004年8月2日 ~ 2004年8月12日(手術日8月3日)

  13年前から肩と腕、指に疼痛がきて、腕の筋肉が弱くなり始めた。疼痛により眠れない状態となってから病院を訪ね、頚椎後縦靱帯骨化症という診断を受けた。難治性の頚椎椎間板ヘルニアである。イギリス、米国など先進国で発表された臨床結果によると、手術後2~10%に下半身麻痺症状がみられる疾患だった。医師は私は合併症と後遺症が少ない最上の治療を探すために研究書、医学ジャーナル、インターネットを探した。そしてその時に韓国のウリドゥル病院を見つけたのだった。私が探していた資料は、それぞれ韓国のウリドゥル病院が世界最高だと紹介していた。特にウリドゥル病院の治療法は手術後に現れることのある下半身麻痺率が0%であることが報告されていた。また、世界筋骨格レーザー学会(IMLAS)会長でありマンチェスター医科大学教授として在籍中であるマーティン・ナイト(Martin Knight)博士は「ウリドゥル病院の治療法は確実に信頼できる手術」であると、私に確信を与えてくれた。私は迷うことなく韓国行きの飛行機に乗り、金浦空港ウリドゥル病院で微細顕微鏡レーザー頚椎椎間板ヘルニア手術を受けた。今、私は安楽に横になって眠ることもでき、肩と腕は全く痛くない。家庭医学専門医として、何の支障もなく患者を診察することができるようになった。

  キム・ソクガン部長 イギリスで家庭医学科の専門医として活躍しておられるウェルズ博士は、検診の結果、難治性頚椎椎間板ヘルニア疾患である「頚椎後縦靱帯骨化症」と診断されました。この疾患は脊椎骨と椎間板を連結し被っている首の後縦靱帯に石灰が沈着して硬化・肥厚し、脊髄神経を圧迫する病気です。主症状は肩の疼痛と腕のしびれなどで、時間が経つと手足の力が弱くなったり、不完全麻痺となります。ひどい場合は上肢麻痺、歩行障害、半身不随、四肢麻痺が生じるため中風と誤認されたりもする疾患です。ロバート・ウェルズ博士は微細顕微鏡レーザー頚椎椎間板手術を受け、神経癒着がある部位の石灰化した後縦靱帯を神経損傷なく安全に除去しました。この手術法は成功率100%で予後がとても良く、ロバート・ウェルズ博士だけでなく中国の眼科医フオ・チュンシン(HuoChunXin)、ポルトガルの整形外科医エナス(Dr. Enes)、イスラエルの整形外科医グローバー(Dr. Grober)博士など、多くの外国人医師が施術を受けに韓国を訪問しています。

Post a comment

* 이름
* 이메일
* 코멘트