로그인
아이디 비밀번호 찾기
온라인 예약
환자 정보
환자 성명
주민번호 -
주소
연락처 - -
핸드폰 - -
이메일

주소 및 연락처가 변경 되신 분은 회원정보를 수정 하신 후
예약을 진행해 주십시오.

날짜 진료형태 병원 의료진
날짜/시간 병원 진료 과목 의료진 취소
분원 선택
  • 분원 선택
진료과 선택
온라인 예약
의료진 선택 날짜 선택
온라인 예약
의료진
X
1. 선택진료란?
- 환자 또는 보호자가 특정한 의사를 선택하여 진료를 받는 제도로서, 선택(특진, 지정) 진료를 받으시면 보건복지부령에 정하는 범위에 추가 진료비를 본인이 부담하시면 됩니다.(보건복지부령 174호 제5조 3항 관련)
2. 선택(지정,특진) 진료란의 대상 의사는 어떤 자격이 있나요?
- 선택(지정,특진) 진료 대상 의사는 해당 진료과의 전문의 자격을 취득한 후 10년이 경과 하거나, 대학병원의 조교수 이상의 자격을 갖춘 의사입니다.
3. 선택(지정,특진) 진료의 보험 혜택 여부는?
- 보건복지부의 추가 비용 항목과 산정 기준에 따라, 선택(지정,특진) 진료는 보험 혜택 없이 비용을 환자가 전액 본인 부담합니다. (특진 진료시 매번 아래와 같이 특진료가 산정됩니다.)
4. 특진의사란?
- 전문의 자격증 취득 후 10년 이상의 경력을 가진 의사(대학병원의 조교수 이상)
날짜 & 시간
예약 정보
예약 구분 본인 병원
진료과 예약 날짜
의료진 시간
施術手術方法
ニュークレオトムを利用した観血的脊椎椎間板ヘルニア手術(AOLD)

概要

  ニュークレオトムを利用した観血的脊椎椎間板ヘルニア手術は微細顕微鏡を利用した最小侵襲ヘルニア切除術の一つの方法で、既存の伝統標準ヘルニア手術法の一番深刻な合併症である手術用鉗子による腹部血管損傷を避けることができ、脊椎関節の損傷、後縦靱帯と繊維輪の損傷なしに椎間板ヘルニアの断片のみを選択的に除去し、正常な椎間板髄核を保存できる方法である。繊維輪穴が小さいため再発も少なく、手術後に椎間板の高さが正常のまま維持でき、脊椎分節性不安定を予防できる。

手術方法

麻酔方法 全身麻酔
手術方法
  • 腰の中央で皮膚を指の爪くらいの大きさ又は3cmほど切開し、筋肉を横に少しだけ広げてから、骨のごく一部分をドリルで穴を開け、黄色靱帯を取り出す出口を作る。
  • 黄色靱帯を除去すると神経と脊椎関節は殆どそのまま保存し、入り口が狭いため普通の手術器具は使用できない。まずその狭い入り口にニュークレオトムといい先が丸く屈折自由な自動吸入器を入れ(この時、メスやステンレス手術用鉗子を入れようと思うなら、脊椎関節をかなり大きく切らなければならない)、椎間板内部の圧力を下げる。
  • 椎間板内部の圧力を自動吸入器で減少させるため、神経根がゆっくりと動くことができるようになり、その次に破裂して脱出した椎間板の断片が自然に流れ出てくれば、小さな微細鉗子で取り出すかレーザーで焼く。
  • 繊維輪に10mmほどの大きな切開窓を作ってこそ使用が可能なために、大きな手術用鉗子であるピチュイタリー・フォーセップは使わない。ニュークレオトムを利用した観血的脊椎椎間板ヘルニア手術(AOLD)で行われる装備自体は顕微鏡脊椎手術用に特殊製作したものである。太さが3.5mmしかなく、実際に切除する穴は2mmのため、繊維輪に2mmの穴をあけて使用が可能である。 繊維輪損傷が小さければ、椎間板の内部の髄核は保存できるため、手術後も正常な椎間板の役割が果たせる。
手術時間 平均1~2時間
入院期間 入院は大概(75%)24~72時間、長くなっても1週間以内

長所

  • ニュークレオトム、アストロケアワンド(Arthrocare wand)、スペインジェット以外の新しい自動切除吸引器を後方の脱出部分にのみ使用し、中央と前方の椎間板組織はそのまま保存する。深さが器具に記載されており、深さを1cmのみ挿入するように設置されている。
  • 選択的な減圧が可能なため、椎間板ヘルニア除去術後に脊椎の高さが低くならないようにし、持続的なクッション機能を維持し脊椎分節の不安定や椎間板性疼痛を防止できる。
  • 最小侵襲的手術のため回復が早く、学校、職場など社会への復帰が早く、スポーツ、性生活も早期に開始できる。傷跡も最小限に止めることができる。休職や休学する必要がない。
  • 尖端がまるく、側面のみ切削機があり、前方の繊維環、腹部血管、椎間板の後方壁、後縦靱帯、骨に対する損傷を防ぐことができる。

適応対象

椎間板が酷く脱出し、上下にかなり流れている破裂性椎間板ヘルニアや、靱帯が肥厚したり骨の異常生育によって生じる脊椎管狭窄症を伴う腰椎椎間板ヘルニアに効果的である。この場合、繊維輪と椎間板組織をかなり切除してしまう標準器具を使用すると脊椎にゆれが生じるため、大部分の椎間板組織を保存し、病的圧迫のみを減圧するニュークレオトムが穴も小さく最善である。高速ダイアモンドドリルを利用し、肥厚した骨を一部除去することもでき、黄色靱帯も切除できるため、正常な椎間板組織、脊椎関節、靱帯、繊維輪を殆ど損傷させずに良い結果を得ることができる。

手術後の注意事項

  • 約3日間の療養が必要で、1週間は安静を要する。補助器は3週間のみ着用する。
  • 6週までは脊椎と首を常にまっすぐにし、6週後からは運動生理士と共に脊椎強化運動と脊椎柔軟運動をする。
  • 運転は2週目から開始する。
  • 3週までは腰の屈伸を制限する。

手術2日目で退院、18日目に出勤しました
 患者名 : ジャン・ジフン(42歳)
 疾患名 : 破裂性腰椎椎間板ヘルニア
 施術名 : ニュークレオトムを利用した観血的椎間板切除術(AOLD)
 主治医 : イ・チュンデ
(ウリドゥル病院ソウル病院 第3脊椎診療部長)
 入院期間 : 2006年 11月 6日~2006年 11月 9日
(手術日 11月 7日)

  私は現在サムウ総合建築士事務所に勤務しています。大部分の教育をフランスで受け、外国生活のほうが長い方です。99年ごろにはじめて腰の疼痛が始まったように記憶しています。当時は腰部分だけが痛く、いわゆる「ぎっくり腰」に見られる足の疼痛はなかったので、まあなんとか耐えることのできる状態でした。年1~2回ほど腰の痛みが出て、普通数日から2週間くらいでその痛みは消えました。

  ところが11月1日の午前、下の引き出しを開けようと右側の膝を曲げたとき、突然足の裏まで疼痛が走りました。その瞬間、ついに来たか、と思いました。尻の右側下の部分から始まり、太もも後側、そしてふくらはぎと足の指の先端まで、しびれと疼痛がありました。それでももともと我慢強い方ですので、その日は出勤しました。しかし1日中苦しんで結局、帰宅しなければなりませんでした。翌日も好転する気配は全く見られず、結局ブンダン洞のウリドゥル神経外科に行きました。ところが先生が午後の診療ということだったため、気持ちが焦っており、近所の病院で診察を受けました。腰椎椎間板ヘルニアの疑いですが1週間様子を観察しなければならないといって、1週間分の薬の処方を受けました。少し安心しましたが、だからといって疼痛がおさまるわけではなく、3日目には疼痛が悪化し再度病院に行き、もっと強い薬の処方を受けました。しかし、一日中ベッドの世話にならなければなりませんでした。いろいろ物理治療を受けて針治療もしましたが、効果がありませんでした。

  4日目に薬だけではだめだと思い、父の勧めで再度ブンダン洞のウリドゥル神経外科に行き診察を受けました。MRI撮影の結果、椎間板ヘルニアと判断されました。先生の診断に従って手術を決定し11月 6日、月曜日のチョムダン洞ウリドゥル病院に入院しました。父もウリドゥル病院でヘルニア手術を受けた経験があるので、かなり前からウリドゥル病院はよく知っていました。先生の診断に全面的に従い、即入院を決定し、はじめて手術過程に対する詳しい説明を受けました。

  手術後、麻酔から覚めた時には、手術部位に少しの疼痛としびれがあるだけで、不思議なことにもう足の疼痛は消えていたのです。手術後2日目に退院し、家の近くのクリニックで包帯交換をし、2週後に手術創部位のテープを除去しました。そして手術を受けて18日目に出勤することができました。手術後1ヶ月と1週間が過ぎた今は、しびれも殆ど消えてきています。

  まだ腹帯着用期間である6週が過ぎていないため、自分の体力の限界を実験する機会はありませんでしたが、一旦、手術を受けてからは自分に対する認識に変化がありました。「私でも怪我をするんだなあ」という。今までよりもっと、自分の体に気をつけるようになったと思います。手術6週以降から脊椎強化運動を開始できるそうなので、来週から開始する予定です。私のような痛みを抱えている方は、長い間我慢せず、ぜひ早めに治療を受けて下さいね。

  イ・チュンデ部長  ジャン・ジフン氏は1年に1~2回、腰に疼痛があるたびに物理治療などの保存療法で疼痛を抑え、比較的健康に日常生活を楽しんでこられました。しかし急性で椎間板が破裂し、耐えることのできない程に状態が悪化し来院されました。そのため破裂性椎間板ヘルニアに安全かつ効果的なニュークレオトムを利用した観血的脊椎椎間板ヘルニア手術を行いました。正常組織を最大限保存する最小侵襲的手術なので、比較的短い入院期間を経て早期に職場生活に復帰することができました。手術は治療の前半であり、リハビリ運動治療において完成します。ジャン・ジフン氏、これからも続けて腰の健康管理に関心をもって、健康で過ごすことができるようにお祈りしています。

Post a comment

* 이름
* 이메일
* 코멘트